スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掌蹠膿疱症性骨関節炎の病院は

  • 2011/06/12(日) 12:40:58



ここ2~3日、朝から晩まで寝ても覚めても片頭痛でルイス行き倒れておりました。

((((* ̄ー ̄*)†~~~

それでふと思い出したけれど、一番最初に鎖骨、肩、肩甲骨、首等の激痛に襲われた時、
一体何が起こったのだろうと家にある家庭の医学何とかって本で調べたりしたのです。
(注、当時はルイス、全くパソコンには触れたことも近づいたことも無かったのです。)

その時にこれが一番近い症状だと思ったのが、「胸肋鎖骨過形成症」または「胸肋鎖関節炎」
または「胸肋鎖骨肥厚症」等でした。

ちょっと必要があってネットでこれらの病気を検索してみたら、やはり掌蹠膿疱症性骨関節炎
そのものでした。

6、胸肋鎖骨肥厚症(sterunocostoclavicular hyperostosisi)

 掌蹠膿疱症(pustulosis palmaris et plantaris)が高率に合併することによって知られて
いるが、原因ははっきりしておらす慢性関節リウマチなどのように免疫異常やウイルス感染
の関与が疑われている。胸肋鎖部位の有痛性腫脹をみたら手掌をチェック し(あまりかゆ
みをともなわないため患者が気づいていないこともある)膿疱性皮疹 が認められれば診断
はほぼ確定する。肋鎖靭帯の付着部炎(enthesopathy)が基礎に存在し、胸肋鎖関節に
圧痛を伴う有通性の腫脹をきたし、進行すると肩関節の運動に伴って回旋する鎖骨の可動
性が失われるため肩関節の可動域制限がおこることがある。軽度の炎症反応(CRP陽性)
を示しXPでは鎖骨近位端の硬化像、肥厚、肋軟骨や肋鎖靭帯に骨化像を示す。CT、
骨シンチで骨化の進行度を評価できる。通常の消炎 鎮痛剤で軽快することが多いが、
なかに再発を繰り返す難治性のものもある。機序は はっきりしないが抗生物質(エリスロ
マイシン)などが効果的な例もある。
 
   さくらいクリニックHPより転載させて頂きました。


他にも慢性扁桃炎や金属アレルギー、虫歯や歯周病等が原因の場合もあることや喫煙
が良くないことなど一緒です。

つまり掌蹠膿疱症性骨関節炎の治療をして呉れる病院を探してもなかなか無いので、
整形外科とかリウマチ科で上記の様な病気として、それなりの治療をしてもらっても
症状の改善は期待出来るかもって思いますよね。


(・_・o)ン? (o・_・)ン? (o・_・o)ン?・・・ホント?????




拍手コメントをありがとうございました。
Aさん、お返事をさせて頂きましたのでご面倒でも左下の「続きを読む」
をクリックして頂けたらと思います。よろしくお願い致します!



反転してお読み下さいね(^^ゞ。


Aさん、こんな筈じゃなかった!というかもうこれが私なの?っていう段階です(;-;) !
生きる気力も失せそうな感じです。
そうそう、高齢者の方の気持ち良いばかりの元気の良さには本当に感嘆させられますね♪
見ているとこちらまで幸せな気持ちになって来ます。
Aさんはおばあちゃま達の元気で幸せなオーラにいつも接していらっしゃるから、大丈夫!
きっと沢山あやかることが出来ますよヽ(^◇^*)/!羨ましいです!

Aさんの様に外でお仕事されていらっしゃるとご苦労もおありでしょうけれど、良い意味
での刺激も一杯あって、いつまでもお若くて溌溂されておられるのだろうと思います。
今日は私もAさんから少し元気を分けて頂きました。

Aさん、ありがとうございました。



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【掌蹠膿疱症性骨関節炎の病院は】

ここ2~3日、朝から晩まで寝ても覚めても片頭痛でルイス行き倒れておりました。((((* ̄ー ̄*)†~~~ それでふと思い出したけれど、一番最初に鎖骨、肩、肩甲骨、首等の激痛に襲われた時、一体何が起こったのだろうと家にある家庭の医学何とかって本で調べたりしたのです。?...

  • From: まとめwoネタ速neo |
  • 2012/05/05(土) 15:22:25

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。