スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外「過激報道」に外務省抗議

  • 2011/04/08(金) 12:38:07



キノコ雲・原発5人死亡…海外「過激報道」に外務省抗議

2011年4月7日22時12分


 福島第一原発の事故に関連し、海外メディアによる「過激報道」に外務省が注文をつけている。
事実誤認や誇張した報道を見つけ次第抗議し、訂正を申し入れているが、モグラたたきの様相
で、根絶は難しそうだ。

 高橋千秋外務副大臣は7日の会見で「過激に報道するメディアもあり、一つひとつ丁寧に申し
入れをしている」と述べた。

 外務省が発見した「過激報道」は後を絶たない。米オハイオ州のタブロイド紙に、キノコ雲が
三つ並んだ漫画が掲載されたのは3月15日。「ヒロシマ」「ナガサキ」の隣に「フクシマ」のキノコ
雲が描かれ、在デトロイト総領事館が「事故と原爆投下を同一に扱うのは不適切」と抗議した。
同紙は謝罪し、ネット上に掲載された漫画も削除されたという。

 一方、英タブロイド紙は同日、第一原発の事故への対応中に「作業員5人が死亡した」とする
記事を掲載。外務省は「明らかな事実誤認」(関係者)と判断したが、これが各国のメディアに
次々に転電される事態に。見かねた外務省は3月28日付で、すべての在外公館に向けて
「『5人死亡』の報道が広く流れている。類似の報道に接したら、ただちに訂正を申し入れるように」
と指示する内容の訓令を流した。

 原発事故以降、日本に絡む報道が世界で急増しており、外務省は「国際社会に悪いイメージ
が固定化されかねない」と懸念を強めている。(松村愛)

    by アサヒ・コム


海外の過激報道の内容も酷いと思うけれど、今回の様に大きな災害の時には国内でさへ
本当に沢山の虚々実々の情報が乱れ飛ぶものだと知りました。

特に原発事故の情報に付いては、大震災から後の2週間程はまぁ、ルイスにとっては頭が
ぐるんぐるんのカオス状態だったのね。

(@_@?)(?@_@)(@_@?)(?@_@)(@_@?)

次から次へと専門家とか学者さんとか事情通みたいな人が、テレビやネットでこれこそが
真実みたいな話しをするけれど、どれを信じていいのか何が何やら解らなくなっちゃって!

肝心の政府や東電の説明が雲を掴む様なもどかしい内容で、不信感を持たざるを得ないもの
だったのが一番いけなかったと思う。
枝野官房長官がご苦労様だったのは寝ていないって事だけで、被災地の方々はもとより日本
中の人々が明日への不安に怯えている中、彼の棒読みの釈然としない報告からは何の
メッセージも受け取れなかったもの。

怒怒怒 (`´)怒怒怒!!!

・・・・・・ 菅首相はもう論外!問題外!スットコドッコイ!

と言う訳で^_^;
マスメディアから発せられる膨大な情報の中から、必要なものを自分で判断し取捨選択して
受け取って行くのはすっごく大変で難しいことだと改めて感じたルイスでした。




この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。