スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの日から二週間経ちました

  • 2011/03/26(土) 14:56:30


涙流して「おいしい」空自、離島住民に炊き出し


「おいしいね」と涙を流しながら豚汁とおにぎりを食べる女性たち

 宮城県石巻市の網地島(あじしま)で25日、松島基地所属の航空自衛隊が島民約300人に
昼食の炊き出しを行った。

 同島は牡鹿半島南端から約3キロ南西にあり、人口500人弱。津波の犠牲者はいなかったが、
島民は電気、水道などが使えないまま自宅や避難所で生活している。24日から半島側との航路
が1日1往復復旧したが、十分な食料は運べず、保存食中心の生活を強いられている。部隊7人
がヘリコプターでご飯や豚汁を持ち込み、島の女性たちはご飯をおにぎりにしていた。島民は談笑
しながら楽しいひとときを過ごした。同島網地浜の阿部益子さん(83)は「本当にありがたい」と
うれし涙を浮かべていた。
(2011年3月26日10時30分 読売新聞)

震災

この様な写真を見ると、思わずこちらまで涙が零れて来てしまいます。

航空自衛隊の松島基地も津波の被害にあって大変だったのですよね。

>我が松島基地も津波の被害を受け、被災当初はほとんどの基地機能が失われました。
>折からの悪天と津波情報により、救難ヘリコプターを離陸させることができず、震災当初
>における人命救助活動ができなかったことが心残りでなりません。
って松島基地のホームページにあります。


あの地震、津波の恐ろしい災害から2週間経つのに、未だに満足に救援物資が被災地に
行き渡らないのは仕方の無い事とは思えないのです。せっかく津波から逃れて避難出来た
のに避難先に灯油が無い為に、あまりの寒さで一層体調を悪くされるお年寄りが多いという
記事も見ます。素人のルイスが事態を良く解っている訳では無いのですけれど、孤立した
避難所の方々や個別に避難されている方々にも、一日も早く食糧や燃料など必需品が届け
られます様にお祈りしています。

ルイスの出来る事といえば、寄付金に協力する事と節電です。あの日以来暖房設備は
使わない様にしています。でも真冬ではないから出来るのですけれど・・・情けない。
(v_v`)はぁ・・・。





この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。