スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MMP-3って初めて知りました

  • 2011/03/10(木) 17:47:20




大事な人と会う大事な場面になると、普段より以上に失言失態をしてしまうルイスは、後で
思い返して爆反省のあまり人魚姫の様に泡となって消えてしまいたい、と思うことが多々
多々々(-_-;)あります。
いつでも、まず、黙って周囲の状況を冷静に眺めた上で、当たり障りのない発言を感じ好く、
しかし最小限の範囲で奥ゆかしくする、といった風だと失敗も無い気がするけれど、いざその
場になると自分全開になって舞い上がって仕舞うルイスなのです。

(・∩・)ショボン・・・【 落ち込み㊥ 】


ところで、先週のリウマチ膠原病センターでの血液検査の中にあったMMP-3って何?って思って
少しググってみました。


関節リウマチで早期から上昇する血中の関節破壊マーカーです。
 MMP-3は生体内の細胞外マトリックスである、プロテオグリカン、フィブロネク チン、コラーゲンなど
を分解する酵素です。
関節リウマチ(RA)患者の関節液や血清中に高濃度のMMP-3が認められるこ とからMMP-3がRAの
発症に大きな関連があると考えられています。
そのメカニズムはRA患者において、滑膜表層細胞や線維芽細胞から分泌さ れた不活性型のproMMPs
が、膜型MMPなどの作用により活性化され、関節軟 骨破壊に関与するため血中濃度が上昇すると
考えられており、特にMMP-3がこの軟骨破壊に大きな役割を果たしていると考えられています。
リウマチ因子などの自己免疫検査や、CRPなどの炎症マーカーと比べて実際 の関節破壊の程度を
反映するため病態の把握や治療効果の判定、予後予測 などに有用とされています。』

      by やなぎ先生のリウマチ講座

読むサイト読むサイト、「変形性関節症(OA)や外傷性関節炎(TA)、痛風などでは一般に高値を
示さないとされるため、これらの診断にも有用です。」とあって、それでは、MMP-3の数値が高い
人はもう関節リウマチって決まっているのかと思って焦ってしまいました。

でも、以下を読むとそうでもないらしいのですよね。

関節リウマチ患者では、リウマトイド因子(rheumatoid factor ; RF)の陽性率が比較的高いことから、
診断の有用な項目であるとされ、診断基準に用いられる唯一の血清マーカーとして採用されている。
MMP-3 は、主に滑膜表層細胞で産生される、軟骨のプロテオグリカンを分解する酵素であり、血清
MMP-3 の高値は、増殖性滑膜炎を意味する。これらの検査は、診断における感度は高いが、特異
度が低いために、関節リウマチ診断の決定的な項目とはなりえていない。』

  by 中島 衡 福岡大学医学部 腎臓・膠原病内科(2008 年、第9 回博多リウマチセミナー)


『MMP-3(マトリックスメタロプロティナーゼ-3)は線維芽細胞や滑膜細胞、軟骨細胞から分泌される
蛋白分解酵素で、軟骨を構成するコラーゲン等を分解し、軟骨の代謝回転に重要な役割を果たして
います。

関節リウマチ(RA)は全身のさまざまな関節に強い炎症が起こる自己免疫疾患で、特に関節の内部
を覆っている滑膜細胞に炎症が起こり、増殖します。次第に滑膜から軟骨、骨へと波及し、やがて
関節自体を破壊し、関節変形をもたらします。 RAでは増殖した滑膜細胞からMMP-3が産生される
ため、MMP-3が軟骨破壊に直接作用して大きな役割を演じていると考えられています。

よって、RA患者で血清MMP-3濃度が高値を示す場合、または上昇してきた場合は関節破壊の進行
が早いことが予測されます。逆に、薬剤の治療効果により病態が安定するとMMP-3値は低下します。

血清MMP-3濃度は変形性関節症や痛風などの関節疾患や多くの膠原病では上昇しませんが、
全身性エリテマトーデス、乾癬性関節炎、リウマチ性多発筋痛症、糸球体腎炎でも高値を示すことが
あります。

したがって、RAの診断における特異度は高くなく、診断的指標としてよりもRAの関節病態をダイレクト
に把握することができることから、薬剤の治療効果を判断する上で経過観察に有用です。

ただし、メトトレキセートのような滑膜増殖を強く抑制する薬や生物学的製剤を用いた抗サイトカイン療法、
一部の抗リウマチ薬はMMP-3濃度を低下させますが、非ステロイド抗炎症薬や一般の抗リウマチ薬で
はあまり低下せず、副腎皮質ステロイド投与では上昇すると報告されています。

また、炎症の程度をみるCRP検査との組み合わせで骨破壊、RA炎症、病態を確認できます。』

      by シー・アール・シー > よくある検査のご質問 >

えっと、MMP-3の高値によって関節リウマチだと診断は出来ないけれど、関節リウマチの患者さん
にとっては、病状の把握や治療の効果を判断出来る材料になる、ということで良いのかな?
それと関節リウマチの治療は早い段階から始めることが大事、ということで、「MMP-3は早期から
の滑膜増殖を反映するため、発症1年以内の早期RAでも高値を示す。」ことが重要なのかも知れない
と思いました。

(@△@)・・・???




この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

痛風はビールを飲みながらでも治る!!

専門医であり、痛風患者でもある自分の体を実験台にしてデータを集めること2年間。ついに導き出された常識を覆す「飲酒OK、食事制限なし」の痛風克服法をあなたも実践してみませんか?

  • From: 食事療法不要の痛風治療法 |
  • 2011/03/17(木) 07:22:02

常識破りの乾癬克服法!

「日本の病院で受けられるすべての治療」を受けた結果発見し完全克服に成功した“乾癬地獄”からの脱出法。費用をかけずに誰もが続けられるという簡単な方法を知りたくありませんか?

  • From: 乾癬2週間脱出マニュアル |
  • 2011/03/13(日) 19:57:54

リウマチの痛みは自宅で解消!

リウマチの痛みや強張り、本当につらいと思います。そのために日常生活もままならない、やりたいことが出来ない・・・でも絶対にあきらめないでください!必ず良くなります!!

  • From: 自宅で出来るリウマチ回復法 |
  • 2011/03/13(日) 15:42:46

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。