スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掌蹠膿疱症性骨関節炎と抗生物質

  • 2011/02/05(土) 17:38:04



昨日、用事があって知り合いの内科の先生と電話でお話しした時、用件の後に
掌蹠膿疱症性骨関節炎の事を尋ねてみました。この先生にはいつぞや自分の病院に来れば
治してあげるよ!って言われたことがあるのです。

先生の掌蹠膿疱症性骨関節炎の治療ってやっぱり抗生物質治療なんですか?
って質問すると、
“うん、そうだねぇ。そういう事になるかな。掌蹠膿疱症にしても骨関節炎にしても原因が必ずある
から症状として出ているのは確かなんだろうけれど、まぁ、母親から受け継いだ体質という様な
ものもあるのだろうね。自分は直接掌蹠膿疱症性骨関節炎の患者さんの治療に当たった事は無い
けれど、関連疾患などで調べた感じでは抗生物質に拠る治療がまぁ、良いんじゃないかと思うよ。
具体的にはミノマイシンかなぁ。原因を特定しての根治治療が中々難しい病気だと思うから、
対症療法で治療して症状が改善されれば大いにそれはそれで善い事なんじゃないの。何かこれ
から治療法を考えるのだったら、抗生物質に拠る治療を僕は薦めるよ。”

と、凄く大雑把に纏めるとこんな風な返事でした。

この先生の病院は少し遠いので通院したりする事になると大変なのです。車で行けばそこそこ
の距離なんですけど、土、日に夫のMさんに連れて行ってもらうのも一々大変かなって
思っちゃって。ルイスの全ての周囲の人々が皆一様に驚くのですけれど、ルイスも運転免許証は
持っているのです。でも何回かルイスの運転する車の助手席に座った事のある夫のMさんが、
結婚した時に、
“これから一生の間、僕の居ない時にはどれだけタクシーを使って呉れても良いから、自分で
運転はしないでね!”
って真剣に言うものだからそれ以来ウン十年運転した事がありません。
ピッカピッカのゴールド免許、優良の2文字がくっきりの免許証なのです!(TT0TT) ダーーッ!!!

って話しが逸れちゃいましたけれど、今度鎖骨胸骨その他のいつもの場所が爆痛くなって
1~2週間で治まらなかった時は抗生物質考えてみようかな、と思ったりもします。

このブログの2009年の11月2日のコメントにプラさんが、ミノマイシンで骨関節炎の痛みが即効
で治ったというご自身の経験をお話し下さって、その時はそんな事があるのだととても吃驚しました。
まだ当時はビオチン治療だけで何とか凌げて行ければ善い、何とか完治は無理でも日常生活は
其れなりに送れるんじゃないか、と思っていましたので、プラさんのお話しは何かの時に参考にさせ
て頂ければ、と考えていたのです。

ルイスの性格では、もう、もう、もう駄目!もう限界!ってならないと新しい事に挑戦出来ない
意気地無しだから、そうなった時のことですけどネ。

(;-_-;) ウーム???




この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。