FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掌蹠膿疱症と尿管結石と強直性脊椎炎

  • 2011/01/29(土) 00:27:33



結局、先週の右膝の水を抜いてからのステロイド注射で、大体の炎症は治まった様で僅かに
また水は溜まっているけれど、これ位は病院で抜いてもらう程では無いし、痛みも酷くは無い
ので今回は之で一段落ということに。(^ー^)ノ☆*.。 !
右膝と一緒に鎖骨や胸骨の痛みも治まって来て、今週になってからは鎮痛剤を飲まないでも
平気になって、もうあれやこれやしなくちゃいけないことや、行きたい所したいことが一杯で大忙
しのここんとこでした。

それで今日は今月の最初に行かなくてはいけなかった例の結石の病院に行って来ました。
(注、って、また、日付変わっちゃってるしΣ(- -ノ)ノ エェ!?)
尿検査とCT検査の結果、結石は綺麗に無くなっているということで、やっと長い長い結石騒動
が終わりました!
9月の初め頃からだからまるっと4ヵ月掛かったって訳ね。病院に行けなかっただけで、1月の2日
以後、ぴったり結石の所為での痛みや違和感が無かったから、その頃もう自然排出されちゃった
のだと思う。気を付けてはいたけれど石を発見出来なかったのが、すっとこどっこいの爆ぼんやり
ルイスで残念・・・。

今日の先生のお話しでは、
ルイスさんの左の腎臓が出口(腎盂)の部分が腫れて少し大きくこれは多分生まれ付きで、
こういう腎臓の人は気の毒だけれど結石になり易い体質・・・うん、そう、体質だよねぇ、うん、
だから之からも繰り返す可能性は大きいと思うよ。今回結石の成分調査が出来ないから、
確かではないけれど、一般的に多いのはシュウ酸カルシウムやリン酸カルシウムなどの結石
でシュウ酸を含む食品、ホウレン草や竹の子、チョコレート、コーヒー、紅茶などを取り過ぎない
様にね、コーヒーや紅茶を飲む時は牛乳を入れて飲むと好いよ。緑茶は良いんだよね。えっ?
たんぽぽ茶?杜仲茶?・・・ちょっと解んないなぁ^_^;そういうのは薬局の薬剤師さんが解るかも!
今度聞いてみて。カルシウムは多すぎても足りなくても良くないんだけど、普通に食生活の中
で取る量で良いんじゃないかと思うんだよね。あとは夜、食事をしてから直ぐに就寝するのは
良く無いから、就寝時間の4時間前には食事を終わらせた方が良いね。そうしないと夜寝ている
間の尿が高い栄養素の何とかが何とかで(注、忘れてしまいました!(;-;) )尿が濃くなって
よろしく無いから、寝るまでに濃い尿を出してしまった方が良いらしいんだよね。うん?寝る前の
お菓子?アハハハ、それはどうかなぁ?
2~3年に一度でいいからレントゲン撮って検査をした方が良いと思うよ。健康診断なんか定期的
にしているなら、その時に腎臓の検査もエコーなんかでも加えてすれば理想的だよね。
ということでした。

もっといろいろと面白いお話しはあったのだけれど、ルイスの記憶力ではこの位が精一杯!
Oo。。( ̄¬ ̄*)ぽあぁん。。。。。

確かに結石が出来易い体質ではあると思う。26歳の時に初めて結石の激痛に夜明けのお布団
の上を文字どうり転げ廻ってから、今回の騒動までに3回は経験しているのだもの。

ところで、ルイスは頚椎の5番目と6番目の間の靭帯が骨化してくっついているのね。
これは『強直性脊椎炎』と診断されているのだけれど、この『強直性脊椎炎』の合併症として
「腎臓・尿管結石」があるのです。他に皮膚疾患として「乾癬、掌蹠膿疱症」を合併することが
あって、それから類縁疾患として「掌蹠膿疱症性骨関節炎」があるのですよね。
時期的にルイスが繰り返している尿管結石と強直性脊椎炎(注、頸椎の一部がくっついた)とは
全然関係が無いと思う。

ルイスの場合、一番初めに「掌蹠膿疱症」があって、次に「腎臓、尿管結石」があって、次に暫く
年月を空けて「掌蹠膿疱症性骨関節炎」があってほぼ同じ頃「強直性脊椎炎」があったということ
になるのだけれど、要するにつまりこんな風な体質なんだってことだと思う。

専門のスーパードクターはルイスの頸椎のCT画像を見て軽い「強直性脊椎炎」で今は特に
治療の必要もないでしょう、という説明だったのね。

やっぱり、ルイスの頸椎の異常は「掌蹠膿疱症性骨関節炎」の症状の一つだからなのかも。





この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。