FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掌蹠膿疱症(性骨関節炎)に必要な年月

  • 2010/08/30(月) 16:49:13



掌蹠膿疱症性骨関節炎の痛みが繰り返し、それが結構酷い時等はその度にもやもやもやとビオチン
に付いて考えてしまったルイスではありました。

( -人-).。oO(・・・・・・)?

ルイスの経験では、初めてビオチン処方薬を飲んで2週間目位から、絶えず感じる身体の強張った様
な上半身の痛みが、とても楽になっていった様に感じました。
そう、ビオチンを飲む前に比べると痛みが楽になって来た感じが確かにしました。

生まれて初めて掌蹠膿疱症性骨関節炎の痛みに襲われた時が、つまり突然に来た最初の痛みが
一番酷く一番激しかったと思います。整形外科病院で治療してもらいながら、半年程は日常生活も
儘ならなくて、もうもう冷や汗の毎日でした。酷い痛みの時は動けないので安静にしているしかなく、
痛み止めを飲んで家事も出来ずにじっとしているだけでした。

2年後にビオチン治療を始めてそれから5年、基本的にどうして酷い痛みを凌ぐか、というところは
鎮痛剤服用ということで変わらず今日まで来ていますよね。

最近、掌蹠膿疱症性骨関節炎による痛みがかなり楽になって来ていて、この病気の憎悪と寛解の
波の繰り返しの寛解の時期と言うだけでなく、何だか病気自体が善くなっている気がどうしても
して仕方が無いのです。

ビオチン治療をしてもしなくてもこの7年間の経緯はもしかしてそんなに違わなかったのではあるまいか、
って最近一寸思っています。
唯、ルイスの場合、ビオチンが身体の痛みを楽にして呉れたのは絶対確かで、だから、同じ7年間この
病気と付き合うのに、
ビオチンを飲んでいた方が凌ぎ易かったのはその通りだとは
思います。
だから、まだこれからもビオチン治療を続けていくつもりは有りまくりなのです。

この期間、ルイスには手足の膿疱がほとんど無いも同然だったので、ビオチンの膿疱への効果はルイス
には何とも言えません。
でも、ビオチンが全く関係無く、ルイスの酷い手足の膿疱が3年ちょっとで跡形も無く綺麗になった事と、
同じ様に 掌蹠膿疱症でルイスより酷い膿疱一杯の手足で苦しんでいた人(注、ルイスの母方の従兄
で、体質が似ているのかも。(ノ_-。))がやはりビオチン治療を一切せずに綺麗に治ってしまった事を思うと、
必要な年月が経てば掌蹠膿疱症の症状も落ち着くんじゃぁ
あるまいかって、どうしても思えちゃったりして仕舞います。
そして掌蹠膿疱症(性骨関節炎)を患っている人其々に、体質や生活条件その他違っている部分がある
ので、症状が落ち着くのい必要な年月は、一人一人違って来るのではって思ったりします。

これはルイスの経験とルイスの知っている患者さんの経緯だけから、ルイスの感じたことですので、
素人の極めて個人的な勝手な憶測想像でしか無い訳なのであります。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

ルイスは 掌蹠膿疱症が一旦綺麗になってから20数年、時々少しばかりの膿疱が出たりはしますけれど、
最初の3年間のように手足一杯に広がるような事は無く、出てもまもなく消え、ほとんど気にせずに過ごし
て来ました。
でも、その最初の膿疱が酷い3年の間、ビオチン治療をしていれば可なり手足の症状が軽くて過ごせた
のでは、と少しばかり思います・・・よね。
(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ!!!





この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2010/09/03(金) 22:34:14
  • [編集]



lalalaさん、少し痛みが治まったご様子で本当に善かったです!

その後の経過はどうなのでしょう、と何もお役に立てないにも拘わらず
勝手乍心配しておりました。
とてもきつく酷い大波だったのですね。お気の毒でした・・・。

一体何が原因だったのでしょうね?特にこれといった原因も無く酷い
痛みがぶり返すと、嗚呼、やっぱりまだまだ病気なんだなってしみじみ
思っちゃったりしてしまいますよね。

そうなんですよね。ビオチンはまず副作用が無いのと、安価だという点
が長期間続けられる大きな理由ですね。勿論、飲んで症状が楽になると
いう、効果がそれなりに感じられるからですけれど。

lalalaさんが膿疱が酷く、特に左足が大変なご様子と伺って膿疱に付いて
私の場合をあれこれ思い出しててみたのですけれど、参考になる様な事が
何もなくて、もう、本当に申し訳もありません!

大阪の病院の軟膏は確か秋田の病院の物と一緒だった様に思いました。

私は膿疱が酷かった時も爪の中に出来た経験は無いのです。
爪が浮き上がって取れてしまうような症状もあると聞きました。とても
大変に辛い症状ですよね。
私も足の方が酷くて、罅割れて血が滲み、痛くて歩くのも辛く切ない思い
を致しました。見た目にもあまりの惨状に人の目に触れないよう、何処で
あっても素足にはなれませんでした。

lalalaさんの凹んでしまわれるお気持ちはとても良く解る様に思います。
でも、きっとまた、症状の落ち着く時が来るとルイスは思っています。

膿疱の出来る原因をいろいろに考えてみましたけれど、最近は激安で有名な
ファミレスに行った翌日とか焼肉屋さんに行った翌日とか、食べ物が影響
しているのではと感じられることが多くなっています。
でも、これも食べる事ばかりに貪欲な愚かなルイスに限ってのことかも
知れませんし・・・・・(;-;) !

何ですか、苛々として来てしまいますね。どうしてこう何も彼もはっきり
した事が解らないのでしょう!?

胃のポリープの件、

>判定ミス(?)だったようで、ありませんでした。

本来なれば、判定ミスなど怒ってしまいたいところですけれど、善い方
の結果でしたので、思わずにっこり笑顔になってしまいますね!

ルイスもご一緒に“ほぅっ!”と嬉しい溜め息です。

lalalaさん、お身体の痛みは少し落ち着かれたご様子ですけれど、膿疱
の症状がまだまだお気の毒なご様子、相変わらず何のお役にも立てない
ルイスで申し訳もありませんが、日々、善くなって行かれます様にお祈り
しています。
どうぞ、お大事にお大切にお過ごし下さいね。

  • 投稿者: ルイス
  • 2010/08/31(火) 00:33:14
  • [編集]



Ikeさん、解りました。

ちょっと遅いですけれど、これからこそっと拝見しに
行ってまいりますね!

ダッシュ!-=≡ヘ(* - -)ノ !!!

  • 投稿者: ルイス
  • 2010/08/31(火) 00:19:44
  • [編集]

”ほっ”

ルイスさん、10段階の3くらいに戻りましたあ^^

最高に辛いぶり返しでしたが、それでも最初に比べたら、
10段階の5くらいかも、、、。


今回、薬を真面目に飲みました!!
飲み忘れがあったりで残っていた大阪の薬と
近くの病院で出してもらったビオチンを1日4回。

私も、ビオチンは飲み続けます。
副作用がないのと、値段も安いので、、、。
あの女優さんが、「お肌にも良い」と言っていましたが
それは、実感ないです^^

私は、飲みだして、2カ月目に痛みが楽になりました。
10段階の8くらいかな。


今回の膿疱痕の硬化には、近くの病院の軟膏より
大阪の軟膏の方が、効きました。
と、言っても、治ってはいません。
ただ、新しい膿疱はストップしました。


ルイスさんは、膿疱が爪の中には、出来なかったのですか?

私は膿疱が、左手の薬指の爪の中に出来てから、
その痕が嫌で、隠すためにマニキュアをするようになりました。

今回、左手の小指以外全部に出来て、凹んでいます。

酷い人は、ボロボロになって変形する人もいると
どこかで読みました。
それだけは、なりたくない!!です。


8/27のルイスさんの記事を読んで、
食べた物をメモすることにしました。


そうそう、胃のポリープで胃カメラを・・・の件、
判定ミス(?)だったようで、ありませんでした。

”ほっ”です^^


  • 投稿者: lalala
  • 2010/08/30(月) 19:12:28
  • [編集]

日記更新しました。義兄のお母さんが今日亡くなったので2日に横浜に行きます。

  • 投稿者: Ike
  • 2010/08/30(月) 17:55:31
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。